「修復歴」「修理歴」「事故歴」違いを学ぼう

車査定 修復歴、修理歴、事故歴

「修復歴」「修理歴」「事故歴」違いを学ぼう

車査定で査定士から確認されることのある修復歴、修理歴、事故歴といった車の状態を示す言葉ですが、この3つの言葉にどのような違いがあるのでしょう。
一見すると全て同じような言葉にみえますがこれらには若干の違いがありますので、車査定で知らない間に嘘を吐いてしまったというようなことにならないようにしっかり把握しておきましょう。
まず修復歴ですが、これは車のフレームを交換もしくは修復した車両のことをさします。
事故を起こしたかどうかは関係なく、車のフレーム部に損傷や修理した後があればすべてこれにあてはまり、車査定で最も影響を与えるのがこの経歴です。
次に修理歴ですが、これは言葉通り、トラブルのあった箇所を修理した経歴のことです。
特定の部位ではなく、どこのパーツでも修理をすれば修理歴のある車となります。ただこの場合、あまり車査定に大きな影響を与えるものではありません。
最後に事故歴ですが、これは事故や災害に遭った車のことです。これもまた車査定に影響を与えるものとなります。
このように3つの言葉には若干の違いがありますので、それを知ったうえで査定時に査定士から問われた時は正確に答えられるようにしましょう。

車査定会社人気ランキング

ズバット車買取比較.comズバット車買取比較.com

ズバット 車査定
ズバット車買取
ズバット 査定
ズバット
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド

かんたん車査定
かんたん車査定
かんたん 車査定
かんたん査定
カーセンサー.netカーセンサー.net

カーセンサー 車査定
カーセンサー

カーセンサー車査定

修復歴の定義について調べてみた

車を売る時に自動車査定で大きな減額となってしまうポイントに修復歴がありますが、これはどのようなものを指すのかよく判っていないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、修復歴というのはどのようなものなのかというとその定義は車の骨格部分に損傷受けていて、その部分を修復したものということになります。

つまり、この骨格部分さえ修復を受けていなければ修復歴のある車として扱われることにはならないのです。
そのため、ドアを擦ってしまって板金修理をして修復をしたとしてもこれが原因で大幅な減額となることは無いのです。
もちろん、骨格部分に損傷を受けていなくても一目見て塗装をした後であったり、パーツを交換したような跡があればその分だけ自動車査定の際に減額をされてしまう可能性もありますが、それは微々たる物であまり気にしなくても良い部分になります。
このことを知っていると知らないのとでは、交渉の際に大きく影響をすることがあるのでしっかりと覚えておくと便利です。

車査定なら@最高額で車売却する方法 トップページへ

▲ページトップに戻る