クルマを売るときの名義スイッチ手続に関して知っておきたい事柄

自家用車を売る時は、ランチタイムに売却する場合であっても自身準備で取引する場合であっても、しっかり名義変化依頼を行わなければなりませんが、こういう依頼を行う際に知っておくべき事は、どうしても手続きの際に最低限必要となる資料においてだ。
エントリー車の名義変化依頼では、依頼を行う太陽までに、売主近所は検査シンボル、自賠責保険資格、ハンコエントリー資格を、買い手近所は維持フィールド資格といったハンコエントリー資格を用意しておきます。そうして、依頼をする太陽に移送支局で引っ越しエントリー依頼書、手間賃納付書、租税のオファー書の3個々の資料を手に入れて必要事項を記入します。一方、軽自動車の場合は依頼を行う太陽までに、売主近所は検査シンボルと自賠責保険資格のみを、買い手近所はネイティブ票やハンコエントリー資格などのエリア事柄が考察可能な資料を用意して置き、依頼を行う太陽に記載依頼書という租税に対するオファー書を入手して必要事項を記入します。
なお、自家用車を売る依頼では、上記の名義変化依頼にて必要になる資料に加えて、売主近所は租税の納税資格という貸し出し券(預託資格)の実装も必要となるので、資料の居場所は必ず確認しておきましょう。

▲ページトップに戻る