中古車 売却するときには自賠責保険が必要です

車 売却の際にはいくつか必要となる記録があり、事前に用意しておけば買い取りの申し込みもスムーズに運びます。自賠責保険の保険ライセンスもそのような必要記録のひとつだ。
自賠責保険は、正式には「自家用車損害賠償義務保険」と効く、国の自家用車損害賠償確信法を通じて、公道を運行するすべての車種には参入が義務付けられているものです。逆にいえば、こういう保険に加入していない車種については、公道を運行することができないに関してになってしまいます。
通常は車種をはじめて取得した際や差し換えをした際、車検を受けた際などに同僚新規に加入するか、あるいは入れ替えをしているもので、車検サインなどと共に車種の全力ボートに入っていないかどうかを確認してください。
車 売却に関して、こういう自賠責保険の証書を紛失しておることがわかった場合には、単にそれでは買取が成立しませんので、アッという間に保険店頭に連絡して、再給付をしてもらうように依頼するとよいでしょう。

▲ページトップに戻る