売却したマイカーの車税金納税通知が行き着くのはなんで?

車を売却したものの次年度の納税通知が近付く場合があります。
クルマ租税納税通知は4月一年中時点での持ち主(車検サイン名義者)の元へ送られてきますので、その時点で名義トライがされていないことが考えられます。
多くの買取り団体は次年度の納税判明通知が前社長(転売主要)へ届かないように配慮しますが、権利がついている車両の場合、残債単一から権利クーリングオフの実録が手元にくるまでに時間がかかりますし、車庫判明周辺用意するのに時間がかかる実録がありますので、中古車 売る判断以下、すっと車を引き渡しても早くても4太陽は名義トライまでに時。
その為、まれに3月中に名義トライをできずに車検サインの名義が前社長のままになっている確率が出てきます。
中古車 売る別途「いつ名義トライが浴びるのか」を確認し、「名義トライ後の車検サインフレーズ」をもらう対応そうして4月以降の名義トライになってしまった場合はクルマ租税はどうするのかをまず話しておくと良いでしょう。
万が一クルマ租税納税通知が届いた場合は締め切りまでに支払、クルマ租税納税ライセンスを転売先の買取り団体へ取り出し、償還を受けることもコミュニケーションできると思います。
納税通知が手元にきてからの対話では単に支払うことになりかねませんので、心地よく転売をするためにも敢然と話し合いをすることが必要です。

▲ページトップに戻る