自動車税に関する説明不足

自動車税

自動車売却時に自動車税がどうなるのか説明をしない業者がよくいます。業者によっては説明をしないどころか指名債権譲渡を説明もせずに記載させようとする始末です。
自動車売却時にもし抹消登録を行ってくれた場合には、自動車税が月割りで還付されます。業者側からすればその後に中古車新規登録を行えばよいわけで、自動車売却側からすれば自動車税の還付が受けられる分お得になります。
そのため、売却時には条件として、自動車売却後にすぐに抹消登録を行うことと、月割りで税金が還付されることを知っているので指名債権譲渡通知書には署名捺印をしないことをはっきりと伝えるのもよいでしょう。もし記載しないと買取りしないという場合には、その税金還付相当額を上乗せするか、あるいは最初から高めに売却価格を吹っかけておくことで交渉を強気に進めようという意思表示をすることが望ましいといえます。説明ができないような悪徳業者に対しては、しっかりとその分上乗せさせるなどして、対応する方が望ましいといえます。

車査定会社人気ランキング

ズバット車買取比較.comズバット車買取比較.com

ズバット 車査定
ズバット車買取
ズバット 査定
ズバット
かんたん車査定ガイドかんたん車査定ガイド

かんたん車査定
かんたん車査定
かんたん 車査定
かんたん査定
カーセンサー.netカーセンサー.net

カーセンサー 車査定
カーセンサー

カーセンサー車査定

相続した車を査定に出すには

車査定の依頼をする際に、査定の対象となっている車が相続によって取得した車である場合は、買取店に車査定を依頼する前に名義変更を済ませて、新しい所有者の名義にしておく必要があります。
相続に伴う名義変更手続きを行う場合は、車検証や自賠責保険証明書、印鑑証明書、車庫証明書、自動車税申告書など、通常の名義変更手続きで必要なものの他に、亡くなった所有者の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)や遺産分割協議書が必要となります。印鑑証明書については、単独所有となる場合はその所有者のものを、相続人全員による共同所有とする場合は全員分のものが必要です。また、委任状があれば代理人が手続きを行うことができますが、単独所有の場合は新しい所有者が作成した委任状が、共同所有の場合は共同所有者全員分の委任状が必要です。この他にも準備が必要となる書類が存在する可能性があるので、書類の準備を始める前に運輸支局や軽自動車検査協会に問い合わせて、必要書類について詳しく聞き出しておきましょう。

車査定なら@最高額で車売却する方法 トップページへ

▲ページトップに戻る