買取ってもらった自家用車の代価がもらえる折

中古車売るの時に確認を忘れ去るって窮することが多い内容に自家用車の代金の支出のタイミングがあります。
中古車売る代金を次の自家用車の取得費にあてていたり、他にニードだったり、代金を待てない場合も多くあります。
自家用車の譲渡代金を払う季節として業者ごとに違いはありますが、一般的には自家用車と実録を渡してから1ウィークから2ウィーク弱要することが多いようです。
自家用車の譲渡には制約があります。ひとつは自家用車の貸し出しが残っていないことです。貸し出しが残っている場合には貸し出しの残債を払う必要がありますが、買取会社が貸し出しを建て替える場合にはスムーズにすすむことが多いようですが、自家用車のオーナーが払う場合には貸し出し事務所といった相談して振り込むことになりますが、時間がかかることがあります。
次に名義開きなどの実録上の依頼があります。業者によっては実録といった自家用車を受け取れば代金を払う場合もありますが、一般的には名義開き位が終わってから払うことが多いようです。実録の依頼が終わってから代金を払う場合には、3月の暮れなど自家用車の名義開き・抹消依頼で陸運局や軽自動車診察協会が混む折には期間がかかってしまうこともあるようです。

(確認原材料:『カーセンサー』http://kaitori.carsensor.net/)

▲ページトップに戻る