車を下取りする場合の名義差を考える

自家用車をモデル下取りに出すケース、あるいは他人に譲渡するケース、どうしてもしなくては、後々大損するかもしれないのが名義変化だ。
仮に売却したまたは譲渡した顧客が、そのままの名義でのぼり続けたケース、その後の自家用車税や自賠責掛け金、自家用車目方税の注文などは売却した自己に来てしまいます。
なので、自分にはもう関係ないと専ら放っておくと、納税催促状が来て、それも放っておくと収益押さえアラートがくるのです。
なかでも、ポピュラー自家用車とか、軽自動車も同様です。
少し数千円の軽自動車税で全収益押さえになりかねないのです。
また、売却した顧客がひき逃げも決める商品なら、それでは車検サイン上の名義です売却した側に不安が繋がるだけでなく、場合によっては補償の肩代わりをできる羽目にもなりかねません。
モデル下取りでの名義変更は、大抵のケース、モデル下取り講じる団体立場で、陸運局などの申し込み一切を通してもらえる。
そのためには、車検サイン、自賠責保険サイン、自家用車税納税証明、印章証明の写しなどの他、団体が作成するお願い状への実印押印が必要です。
一方、個人に売却や売却するケース、団体に委託することも可能ですが、そうでない場合には転売先の人と共に、上述義務記録持参の上、陸運局での申し込みが必要です。

▲ページトップに戻る